スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに始まりました(16 最終回)

引き逃げ事故は ボングンが 本当に起こしたことなのか?事実を言ってと問うヘビンに

「俺が 違うと言ったら信じるのか?俺は事故を起こしたことない。人を引いて

逃げたりしてない」  「それじゃ 誰が事故を起こしたの?」

「過ぎたことだ。そっちには関係ないことだ。」  「私が 信じられないの?

なんで私に言わないの?」  「なんの話をするんだ?」  「なんでも」

「そっちも俺に話しないじゃない」  「わからないから 傷つけちゃうんでしょ

どうして こんなにバカみたいなの」  「そっちは 知らない方がましだ もう帰れよ」

「私の話し終わってないのに なんで 冷たくそのまま行ってしますの 信じる

信じること出来るわ サッカー選手じゃなくただのチャ・ボングン。人間のチャ・ボングンを

信じる。どんな話でも信じること出来るのに 何で 私に話してくれないの?

私は チャ・ボングン氏にこれだけじゃダメなの? チャ・ボングン氏だから

知りたいのに」  「そっちが 俺を信じてくれるというなら 大丈夫だよ みんな

今 これで十分だ」 ボングンを信じるとは言ったが チャン・スンウを疑いきれないヘビン

そんなヘビンにホン代表は「重要なのは 自分がどっちを信じるかだ」という。


スンウは ボングンにかかわるなというヨニにも嫌がらせをする

スンウから電話に呼び出され いきなり殴られるボングン

スンウは 親切に機会もお金もあげようとしたのに お前が逆らうからだと

「お前が俺に望むものはなんだ?」  「チャ・ボングンがあきらめて 膝を屈して生きること

サッカーも今すぐ辞めること」 そして ついにスンウの口から あの事故は自分がやったと

「だけど 犯人はお前だ。最後まで お前は力ないから 何も力のないお前の話し

誰が信じる?帰って勝手にしろ 誰がお前の話し信じるか」  「私が聞いてあげる。

私が信じる。チャ・ボングン立って 早く立って」  

「じっとして」  「大丈夫だよ」  「何が大丈夫なの?」

「これ 全部捨てちゃうんじゃないの?高いの全部捨てちゃうんだね」

「ごめんなさい。」  「何が」  「みんな ごめんなさい」 

笑うボングンに何で笑うのと言うと「男に1番恥ずかしいこと何か知ってる?

好きな女の前で他の奴に殴られる時会うこと 何でこんなにはっきりしないんだろ」


いままでボングンにいじわるだったギョンリが ボングンをかばって顔のケガは

ベットから落ちて 自分がその上に乗っかってしまったと


ピョリの手術の日は ボングンの試合の日でピョリは自分の手術を心配で

オッパが試合に集中できないんじゃないかと そのうえオッパは女の人が

喜ぶのは何かもしらないからとヘビンへのプレゼントまで買っといてくれる

しっかりもので 優しい子です。 ボングンもそんな妹にはタジタジです。

イ・ドンホは もう1度サッカーをするために手術を受けることを決意して旅立つ


ヘビンは スンウと法廷で会うかもしれない 車も(ひき逃げ)証拠にしたと
そしてこれから 「エイジェントに選手を守って 保護して 選手が悔しこと

はらす義務がある。これから どんなことがあっても隠さないで

チャ・ボングンのそばには私がいるから バカみたいなサッカー選手」


ホン代表 ピョリが手術中だっていうのに ピョリオンマ口説いてるし ありえない汗;

シナリオがよくないって言われるのも当然ですね

ボングンのボレーシュートでFCソウルはプレーオフへの出場を決める

左足痛めてたユノは 横1列になって走る時ちょっと足をかばってますね

グランドでヘビンにキス 大したことないと思ってたのに・・・

何回もリピしてたのがいけなかったようで 最後にはアンドゥェ~~~と叫んじゃいました。汗;

「いつでも思い出だった。どうせなら あきらめて断念することは簡単だった

俺が出来ること 真心、夢見る、俺が自分を信じること。俺が望むことは 誰かが俺を

信じてくれること 今日勝った。次の競技は 必ず勝ちたいが負けることもある。

俺は大丈夫。絶対あきらめなければ機会はくるはずだ。次の競技に勝つことが出来る機会

絶対あきらめたりしない。」


とうとう終わってしまいました。視聴率が悪いと役者としても失敗と言われるのに 
ユノの評価は違いました。最初はぎこちない演技が目立ったが 回を追うごとに
目覚ましいほどの成長を見せ 最後には最初から 俳優だったような演技
そして 情熱をもった演技者 これからが楽しみだと

スタッフや共演者にも可愛がられ ユノ自身もひとまわり大きくなったんじゃないでしょうか
今まで 本当にお疲れさまでした。 次はステージに立つユノを見たいです。














スポンサーサイト
^^
記事一覧
 Winter rose 




널 사랑해 

拍手する 
TONEツアー日程
月刊アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリ
リンク
最近の記事
プロフィール

u.asako

Author:u.asako
東方神起ユノペンです。
夢の中では韓国語ペラペラ
現実は・・・^^;
勉強がてらなんちゃって訳
書いてます。いつかユノと
話せる日夢見て・・・
本館TOk PUNIEYOも
よかったら覗いて見てね^^

韓国語訳 完璧じゃないので
他への転載は しないで下さい

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近のトラックバック
生年月日
ユノ     1986/2/6
チャンミン 1988/2/18
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。