スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに始まりました(10)

ボングンは 青少年チームとの練習試合で大活躍する。

着替えを済ませ出てくると そこにヘビンが

「ここで何してんの?」 「なんなら今出ます?」 「1人中で何してたの?」

「俺が中で何しようと・・・俺を待ってたの?」 「いいえ」 「じゃあ?」

「風にちょっとあたってたのよ」 「ここで?出入り禁止じゃない」

「私がそんなことに怖がると思うの?」 「へ~そう?」 

「夜だからひんやりね もう帰んなくちゃ。今日 まあまあだったわよ。走るの」

「エイジェント」 「中に入らないで何で追いかけて来るの?」 「明日何してる?」

「明日どうして?」 「俺とどっかちょっと行こう」 「どこに?」  

「ピョリの誕生日なんだ 明日プレゼントちょっと選んでくよ」

「明日がピョリの誕生日なの?」 「うん」 「誕生日なんだ」 「イヤだと言わず」

「わかったわ。明日ここの前に迎えに来るわ」

「ウリピョリ 何してた?」 「宿題してた」 「オッパに会いたくない?」

「全然会いたくない」 「ほんと?オッパは ピョリに会いたくてしょうがないのに」

「私は全然会いたくないのに」 「俺だけ損だな?ピョリなにか欲しいものあるか?」 「何で?」

「みんな言えよ!オッパが 誕生日プレゼントにみんな買ってあげるから」

「う~ん?心だけちょうだい」 「オッパの心は もうピョリが持ってる」

「明日 早く来てね」 「わかった」 ピョリ なんていい子なんでしょう

オッパに会いたいのに会いたくないなんて もし会いたいって言ったら

オッパが駆けつけちゃうからですね なんて優しい嘘なんだろ


「これ何?」 「新しく買ったの」 「お金たくさん入ったみたいだね」

「私たち ちょっと入ったでしょ」 「いや~高そうだね」 

「お金無くて最初の車を中古車買ったら きまって道で故障して その車で拉致まで

遭ったじゃない。月賦返そうとしたら 腰が曲がるわ。一生懸命走って 私 

お金稼ぐようにしてよ」 「金の虫」 「何?」 「金好きで機械みたいに

ゴールも入れろ そして 俗物だな」 「そうよ。私は俗物よ。だから早く

1軍になって競技に出てよね」 「この車は いいのに ホコリがいっぱいだ。」

ヨニは ボングンがまだプレゼント買ってないと聞いて 一緒に買いに行こうとしたのに

ボングンは ヘビンと約束しちゃったからね ヨニが 可哀そう 


ボングンは ピョリに新しいコンピューターを買ってあげたいが 値段が・・・

そんな時 歌のコンテストの景品がコンピューターと知りでることに

「私をなんで引きずりこむのよ」 「頭数が多いと賞品もらう確率が高くなる」

「あの~私 歌 出来ない」 「俺も出来ないよ」 「私 ほんと出来ない」

「オレもほんとほんと出来ない。良く聞いて 絶対奨励賞!優秀賞!もらうなよ」

「ちょっと!私は そっちが想像する以上に」 「エイジェント ウリピョリに

コンピューターのプレゼント 必ず買ってあげたい 俺のエイジェント ファイティン」

結果は1位でコンピューターゲット。

「ピョリ誕生パーティーは一緒に行けないと思う」 「そっち呼ぶつもりないけど」

「家までは送ってあげるわ」 「大丈夫だからそっちの家に行くよ。送ってあげるから

そっちの家に行こう」 「運転は私がしてんだけど」 「家に一緒に行けば送ってあげることだろ 行くよ」

「いや~いい家に住んでるね」 「送ってくれなくてもよかったのに まっすぐに帰って 荷物もあるのに」

「これみんな筋力運動だよ。金持ちそうだな?住む家見ると」

「親戚の家が空いていて ちょっと借りて住んでるの」 「そうなんだ 両親は?」

「他で住んでる。私生活は関心しないって言ったじゃない」 「ああ 俺も関心ないよ」

「ピョリのプレゼント。ノートパソコンは チャ・ボングン氏が買ってあげたことにして

私のプレゼントは これ」 「そっちの誕生日はいつ?カン・ヘビン氏誕生日になったら

俺が歌 歌って賞品もらってあげるよ。ノートパソコンのようなのは必要ない?」

「でも今日 賞品私がもらったじゃない」 「だからそっちの誕生日は 俺がもらってあげるって」

「今日」 「今日?」 「今日ピョリの誕生日だからよかった」

ボングンはピョリにだけじゃなく ピョリを苦労して生んでくれたと言ってオンマにもプレゼント

こんな心優しい気配りできる子に ウリ息子にもなって欲しいです。

ホン代表にヘビンも今日 誕生日だと聞いて家を出るボングンにヨニは、

チャン・スンウの恋人なのに なんで会うのか理解できないという

ヨニは もうボングンへの気持ちに気づいてしまったから 余計ヘビンに

会って欲しくないんですよね


「カン・ヘビン 人が行ったり来たりするのに何してんだ。チャン・スンウまた会ったな。

そっちに話あって来たんだけど」 「話し?」 「こんな時間に?」

スンウとすれ違う時のボングンのフッって笑う顔が・・・

「今日がそっちの誕生日なんだって?何で何にも言わなかったの?」

「重要なことだという そのこと話してよ。これ何?」 

「開けてみろよ。高いもんじゃないよ。安物は履かない?気に入らない?それじゃまたもらうよ」

「なんでくれたの奪うのよ。気に入ったのに」 履かしてくれちゃうボングン

いいな~管理人もやって欲しいです。

クラブに見に来る時は 履いて来てと そして なんで毎日足痛くして 靴履いて通うんだ?

女の人たちは変だよだって 女性はファッションんのために我慢してるんですよね


イ・ドンホはヨニに振られちゃったから ボングンに突っかかり いきなり殴っちゃいます

殴られるの手で止めるボングン ちょ~かっこいい 

そして ついにボングンは 次の試合でスタメンに選ばれ1軍に やったね 


このドラマ見てると ユノがちっちゃく見えちゃう。だってみんな背が高いんだもん

コ・アラ氏もハイヒール履いてるとはいえ 結構背が高いし 管理人は

ヨニ役のイ・ユンジ氏とユノのツーショット見るたびに 管理人とは あんな感じなのねと

ついニヤけちゃいます。同じ162㎝なもんで 








スポンサーサイト
^^
記事一覧
 Winter rose 




널 사랑해 

拍手する 
TONEツアー日程
月刊アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ
リンク
最近の記事
プロフィール

u.asako

Author:u.asako
東方神起ユノペンです。
夢の中では韓国語ペラペラ
現実は・・・^^;
勉強がてらなんちゃって訳
書いてます。いつかユノと
話せる日夢見て・・・
本館TOk PUNIEYOも
よかったら覗いて見てね^^

韓国語訳 完璧じゃないので
他への転載は しないで下さい

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近のトラックバック
生年月日
ユノ     1986/2/6
チャンミン 1988/2/18
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。